結婚式までの流れ

キリスト教式結婚式の受付の流れと注意点

キリスト教式の結婚式は、純白のドレスを身にまとい、バージンロードを歩く挙式スタイルです。その儀礼ひとつひとつに意味が込められた神聖な儀式を通し、神の前で愛を誓います。厳かでロマンチックな雰囲気に憧れる方も多いことでしょう。
 そんな特別で素敵な結婚式では受付のマナーもスマートにこなしたいものです。
 キリスト教式は親や親族だけでなく、友人が参列できるのも特徴です。そのため、挙式の前に準備してある場合と、挙式が済んでから披露宴が始まるまでの間に設けられている場合があります。会場に到着したら、確認をしておきましょう。
 まずは遅刻をしないことです。30分前には会場に到着しましょう。貴重品やハンカチ以外の手荷物、コートなどはクロークに預けます。式の前に忘れずにトイレに行っておきましょう。服装や髪型など、化粧室で身だしなみを整えてからむかうことができればベストです。遅くとも開宴15分前には受付をすませます。携帯電話の電源を切っておくのも当然のマナーです。
 まず一礼をしてお祝いの言葉をのべます。「本日はおめでとうございます、お招きいただきありがとうございます」など、おめでたい日の喜びを伝えましょう。「新婦友人の○○○○です」など自分の立場を言い添えると丁寧です。
 次に持参したお祝い金を渡します。ご祝儀袋は袱紗に包んでからバッグなどにいれます。むき出しでは失礼に当たりますので、渡す前に袱紗からご祝儀袋を取り出します。袱紗はたたんでバッグなどにしまうか、たたんだ袱紗の上にご祝儀袋をのせます。そして、「気持ちばかりですが、お納めください」と一言添え、ご祝儀袋の文字は相手の人が読める向きにして、必ず両手で渡します。
 そのあと芳名帳に記帳します。フルネームで、できるだけていねいに署名します。代筆はマナー違反ですので、必ず自分で記帳します。
 結婚式は大切な儀式です。前もってマナーを知っておくことで、焦ることなく厳粛な気持ちで参列することができるのではないでしょうか。